Harley Davidson ハーレー

ハーレーの歴史3

ハーレーの歴史3

1936年にナックルヘッドを発表します。 このナックルヘッドは、シリンダーの上部にバルブを設置する機構である、オーバーヘッドバルブ=OHVを採用します。 OHVを採用する事によって燃焼効率が上がり、40PSとより出力を得られるようになったのです。 また、このOHV機構は現代のハーレーにも脈々と受け継がれており、まさにハーレーの伝統であり、こだわりのスタイルのひとつなのです。 エンジン造形は独特で、ロッカーカバーの形状が拳のような形をしていた事から、このナックルヘッドという愛称が付けられました。 この年に発表されたELモデルの排気量は1000ccで、前後18インチのタイヤを履いたモデルでした。

1939年にはデイトナの砂地で、このナックルヘッドを搭載したEモデルが、最高速度約220キロという記録をマークしライバルのインディアンモータースの記録を打ち破りました。 これはインディアンモータースがサイドバルブエンジンを使用していてハーレーのOHVエンジンの効率がよく高性能だったからといえます。

1941年に入って、排気量が1200ccとなるFLモデルが登場しました。 このFLモデルは排気量アップと共に、広大な大陸をより快適に走破する為のクルーザー的な要素を持たされ、今まで18インチだった前後タイヤを16インチに変更して、ライドフィーリングはよりマイルドになりました。 これ以降、FLモデルの定番は前後16インチとなっているのです。

後に登場するパンヘッドはナックルヘッドの欠点であるロッカーカバーからのオイル漏れ対策としてシリンダーヘッドを全て覆うように作られました。 また、素材を鉄からアルミにすることで放熱性を上げました。

パンヘッド登場から少し遅れてリジットフレームから、リアショックとスイングアームを用いたフレームになり、より快適になりました。