CB

CBの歴史2

CBの歴史2

CB400FOURに変わるべく登場したのが「ホークII/CB400T」です。 エンジンは並列2気筒でしたがショートストロークであったため40馬力を発生させました。 このモデルにはホンダ独自の組み立て式ホイール(アルミリムに鉄製のスポークプレートをリベット止めしたもの)が採用されましたが、その他の各部のつくりはプラスチックが多用され、メインキー連動ハンドルロックが省略されるなど、ドリームCB400FOURに対して大幅なコストダウンを目指したともいわています。 カフェレーサー風の華麗なスタイルで人気を博したドリームCB400FOURと違い、こちらのスタイルは野暮ったく、丸いガソリンタンク、アップハンドル、厚いロール&タックシート、短く太いマフラーが装備されました。 またアメリカンタイプとヨーロピアンタイプを混ぜたようなスタイルは誰にでも乗りやすかったため、教習車としても多く使われました。 しかし、ヤマハXJ400、カワサキZ400FX、スズキGSX400F等の4気筒モデルの登場により販売は奮いませんでした。

1979年にCB750FOURがモデルチェンジしてCB750Fになります。 CB750Fは制動時の急激な姿勢変化をおさえるホンダ独自のトルク応答型アンチダイブ機構などを備えるなど走りの質感を高め再び人気モデルとなりました。 1980年に単気筒スポーツとして登場したのがCB250RSです。 CB250RSはパワーこそ25馬力と高くは無かったものの、軽量であったため軽快でスポーティーな走りを実現し、初心者からベテランまで幅広い層に支持を得ました。