CB

CB & Harley Davidson 【シービーとハーレー】

CBとハーレーどちらも人気のバイクです。CBはホンダのバイク史の中ではとても大きい存在であり、1959年に発売された「ベンリィCB92スーパースポーツ」からCBシリーズが始まります。1969年に「CB750FOUR」が発売されます。その後1974年に「CB400FOUR」が発売され当時ミドルクラスの中で唯一のマルチエンジンであったこともあり人気モデルとなりました。人気だったこともあり、1997年には「CB400SF」をベースに水冷の「CB400FOUR」が作られました。その後発売された「CB750」は教習所で使われるなど大型バイクのスタンダードなモデルとして親しまれてきました。また「CBR」などのスポーツ系モデルも登場しています。海外では大排気量モデルの人気は高く、国内では販売していないモデルもあり「CB1000R」は普通のネイキッドスタイルとは異なり、ストリートファイターと呼ばれるスーパースポーツとネイキッドの間に位置するような近代的なデザインでハイスペックなエンジンを搭載しています。またCBシリーズには4気筒エンジンのものばかりではなく、単気筒の「CB400SS」、「CB223S」などや、ツインの「CB400T」、「CB250T」があります。


ハーレーは1903年にアーサー、ウォルターのダビッドソン兄弟とウィリアム・シルヴェスター・ハーレーの3人によって第1号が作られました。ただ1号機は現代のハーレーのようなVツインではなく単気筒で、パワーも3馬力と大変非力な物でした。その後1909年にVツインを搭載した「モデル5D」が発売されます。「モデル5D」は810ccで7.2馬力を発生しました。その後1929年に「フラットヘッド」が登場し、部品点数の少なくメンテナンス製の良さもあり過酷な条件で使用される軍用車として採用されました。またこの「フラットヘッド」は1974年までの長期にわたって製造されていました。その後、「ナックルヘッド」、「パンヘッド」、「ショベルヘッド」が登場しました。しかしこれらのエンジンは主に鉄で出来ており、熱を持ちやすく渋滞などでは気を使うものでした。そこでアルミ製の「エボリューションエンジン」が登場したのでした。その後速度規制の緩和などに合わせ、ツインカムである「TC88」エンジンが登場し、ハイウェイを快適に長距離走ることが可能になりました。その後「TC96」エンジンが登場します。また100年近く空冷エンジンのみを作ってきたハーレーではありますが2002年に水冷DOHCの高回転型の「レボリューションエンジン」を搭載した「VRSC」を登場させました。ハーレーは長年ライダーに愛されてきたバイクであり、憧れでありました。近年では価格の抑えられたハーレー入門車両が登場したことや、以前に比べると耐久性も上がり、セル始動やインジェクション化により始動性があがった事もあり気軽に乗れるようになりました。


国産大型バイクにはないハーレーの存在

ハーレーの紹介

ハーレーを購入しようと思った時に、ちょっと気になるのが国産大型バイクとの違いですよね。

今回は、簡単にですがハーレーと国産バイクと比較してご紹介したいと思います。

ハーレーと国産の価格の違い

ハーレーには色々な種類があります。

機種によって排気量やバイクの大きさが違いますので、一概に高いバイクばかりではありませんが、国産のオートバイと比較した場合、国産の方が安く購入できる可能性が高いです。

例えば国産のスズキのバイクだと、排気量1000CC近くても100万円代前半で購入できるものが多いです。

国産メーカーのバイクも様々な種類と大きさがありますが、総じて100万円代のものが多いです。

カスタムなどをしなければもっと安く購入できるものもあります。中古市場なども考えると国産はすごくコスパが良いです。

ハーレーは安くても100万円中盤〜という価格帯で、大きなサイズになってくると300万円を超えるものもあります。

ハーレーと国産の燃費の違い

ハーレーの紹介

大型バイクは基本的に排気量が違うため、通常のバイクと比べると燃費は悪くなります。それに比べるとスピードのノリが違うため、しょうがないところでもあります。

ハーレーの燃費では「ストリート」が良いとされていて、2015年式のものを例にとると、リッターで21kmぐらいと言われています。

続いて人気のある「スポーツスター」も同じくらいの燃費です。

それに比べて、HONDA社のNC750Sという車種では、リッター42.5kmと倍以上も燃費が良い計算になります。排気量などが違うので、一概に燃費を比較できませんが、基本的にハーレーよりは国産の機種の方が燃費が良いとされています。

乗りやすさは国産に軍配

ハーレーの紹介

ハーレーに限らずですが、大型バイクは「重い」「曲がらない」「止まりにくい」「燃費悪い」というところでデメリットに挙げられることが多いです。

実際に、アメリカンのバイクは走りにくい印象の人も多いです。

しかし、国産のアメリカンは、やはり国産メーカーなので、日本人に合わせたスタイルが提供できていて、ハーレーなどと比べると乗りやすい印象を抱く人が多いです。

ハーレーはデメリットばかり?

色々とまとめていくと、ハーレーって悪い点多くない?と思われるかもしれないですが、やはりアメリカンバイクを楽しむのであれば「ハーレーダビットソン」は唯一無二のブランドであり、自分だけの一台を作る上でも、自分の個別のスタイルを作りやすいです。

知名度も高く、ハーレーにはハーレーにしかない、魅力がたくさんあります。
カンタンに交換できる個性的なカスタムパーツが多いのも特徴です。